事故車 バイク 売る

事故車のバイクでも買取をしてもらえるの?

事故を起こしてしまったら気になるのがやはり「売れるのか?買取してくれる所はあるのか?」ということでしょう。原則としては事故車というのは事故修復車という言い方をし扱われます。

 

この場合はフレームのゆがみなどを修正したバイクも含みます。このようなバイクとなると直線走行もままならないということで買取査定額も極端に落ちてしまいます。もっとも、事故車でもいいという買取手が見つかることもあります。この場合は格安が決め手となることが多いです。

 

また、動くのであれば海外輸出という手もあります。日本製のバイクは故障をしないということで海外ではとても人気がある為、事故車でも売れます。たとえ国内では二束三文のバイクだったとしても、動くというだけで海外では高値で売買されるわけです。

 

このように販売ルートをたくさん持っているバイクの買取業者であればどのようなバイクでも買取をしてくれます。

 

実際にネットの広告などで、「どんなバイクでも買取をします」というのは嘘ではないわけです。もっとも買取額も高値買取というわけにはいきませんが、廃車しかないと思っていたバイクが数万円で買取をしてもらえたとするとそれは高値買取ということになりますから、肝心なのはバイクに対する価値観ということになります。

 

事故率の高さが高額査定に影響する?

事故をしたバイクであれば高額査定は望めない・・というとそれももっともな話なのですが、これも考え方によって大きく変わってくるのです。というのも金額の大きさということを考えたら事故をしていないバイクのほうが高額査定ということになります。

 

しかし、事故をしたバイクはどうでしょうか。キズや損傷具合にもよるのですが、当然事故をしていないバイクと比べると買取査定額は低くなるでしょう。しかし、高額査定を狙うために自分で修理をすることをしてはいけません。修理にかけたお金ほど買取査定額は大きくならないからです。

 

事故車として考える

ものは考えようで、事故車として高かく売れるかどうか?ということです。事故をしていなければ50万円で買取をしてもらえたのにという考え方は不毛です。

 

事故をした現実を踏まえて、ここからいくらで買取をしてもらうかを考えるのです。ベースとなる買取り価格が15万円ということでしたら、それ以上になれば十分高額査定ということになるのです。